{document.querySelectorAll('a[href^="#"]').forEach(function(e){e.addEventListener("click",function(t){var n=e.getAttribute("href"),o=document.documentElement.scrollTop||document.body.scrollTop,r=document.getElementById(n.replace("#",""));if(r){t.preventDefault(),t.stopPropagation();var a=window.pageYOffset+r.getBoundingClientRect().top-90,i=performance.now(),d=function(e){var t=(e-i)/duration;t<1? 総務省は、「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」(平成27年の日本年金 機構における個人情報流出事案を受けて総務省が開催)の報告1を踏まえ、平成 27年12月25日付け総務大臣通知「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本

Copyright © 2020 ICT未来図. (window.scrollTo(0,o+(a-o)*Ease.easeInOut(t)),requestAnimationFrame(d)):window.scrollTo(0,a)};requestAnimationFrame(d)}})})}); 2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策見直しのポイント」が発表されました。政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」を受けたクラウド化、テレワーク・在宅勤務のような柔軟な働き方に合わせ、改めて情報セキュリティ対策の見直しが必要とされています。この特設ページでは、総務省の掲げる情報セキュリティ対策に関する見直しポイントの解説と、対策に役立つシーイーシーのソリューションをご紹介します。, 三層のネットワークについて総務省は、「マイナンバー利用事務系のネットワークは住民情報の流出を徹底して防止する観点から、他の領域との分離は維持する」とし、eLTAX、マイナポータルを活用した「ぴったりサービス」など、十分なセキュリティが国に認められている特定通信のみオンライン化に対応していく方針を示しました。, さらにLGWAN接続系とインターネット接続系については、クラウド・バイ・デフォルト原則によるクラウド化や、テレワーク・在宅勤務などの柔軟な働き方に対応した、新たなモデルとして効率性・利便性の高い「βモデル」を提示しています。, では「βモデル」とはどのようなモデルなのでしょうか。現在のモデルと比較しながら変更のポイントを見ていきましょう。まず現在のモデルではLGWAN接続系とインターネット接続系が分離されており、PC端末はそれぞれのネットワークごとに設置するか、もしくはLGWAN接続系のPCとインターネット接続系のPC端末を共用にし、インターネット接続時にはシンクライアントを利用しています。, 「βモデル」では、業務端末の一部をインターネット接続系に移行するとともに、業務システムの一部もインターネット接続系に移行します。この配置転換により、パブリッククラウドの活用による業務効率アップやインターネット経由でのテレワークが実現可能となります。働き方改革や、BCP対策が求められる昨今、βモデルへの移行は重要なポイントになります。, 総務省は、現在の自治体情報セキュリティクラウドのセキュリティレベルの差を指摘しており、国が提示する要件をクリアしてセキュリティレベルの水準を確保をすることを求めています。さらにクラウドサービスの開発・提供には民間ベンダーの協力を得て、コストを抑制することも推奨されています。, またサイバー攻撃の増加や新たな脅威への対策として、セキュリティ専門人材による監視機能( SOC )を強化すること、災害時等のアクセス集中を想定した負荷分散機能( CDN )を 追加することなども機能要件に追加しています。, 物理サーバー・仮想サーバー・クラウドの包括的セキュリティ対策として、ウィルス対策や改ざん検知、仮想パッチ(IPS)WAF/ログ管理などのご利用が可能です。, より高いセキュリティ対策が必要とされる、マイナンバー利用事務系のネットワークでも、SecurePrint!による認証印刷の 仕組みで紙媒体によるセキュリティ事故を防止。納付書などの重要書類の取り違えを防ぐことができます。, SecurePrint!はシンクライアントにも対応。シンクライアント環境で煩雑になりがちなプリンタードライバーの管理もSecurePrint!ドライバーのみですむため、大幅な管理コスト削減に。(※構成により適用できない場合があります。), ネットワーク強靭化で導入必須の二要素認証ソリューション「PCログオン」をSecurePrint!と併せて導入すれば、PCのセキュリティも同時に高めることが可能です。, MultiScan!はBoxなどのクラウドストレージとの連携が可能なため、スキャンしたデータを直接クラウドストレージ上 に入れることができます。紙文書のスムーズな電子化を実現し、BCP対策やテレワーク時の情報共有に役立ちます。, LGWAN・インターネット接続系のPC共用をセキュアに実現する、シンクライアントの環境を構築します。, 24時間365日ベースで、お客様のセキュリティ対策を支援。課題になりがちな「セキュリティ対策のための人材不足」、 「セキュリティ製品別のバラバラな運用管理」などを解消します。, DDEI(Deep Discovery Email Inspector)はランサムウェア侵入の主な経路であるメールのセキュリティ対策として、 ランサムウェアを検出し、ブロックします。, 未知の脅威にも対応可能なクラウド管理のエンドポイントセキュリティ製品です。クラウド上で一元管理することが可能なため物理的な管理サーバーを用意する必要がありません。管理が行き届きにくいテレワーク環境でも管理者の負担を掛けずに高度なセキュリティ対策を実現することが可能です。, 自治体情報セキュリティクラウドとインターネット端末間の通信を可視化し、不正アクセスなどのサイバー脅威から大事な機密情報を守ります。また、仮想専用線(VPN)も構成可能なので、テレワーク環境からでもセキュアなアクセスが可能です。, 全国約5万店舗のコンビニから、簡単に資料を印刷できるコンビニプリントのサービスです。後払い精算のため、ユーザーがコンビニでコインチャージをする必要がありません。また誰が・いつ・何を・どこで印刷したかがログで確認できるためセキュリティ面も安心で、テレワーク時の印刷に最適です。, 話題のICT関連の情報をお届けします。今すぐ役立つ情報から、少し未来の話まで、ICT技術の「いま」と「先」を見てみましょう。. そのルールの基本となる提言が、2015 年11月に総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームが提示した資料「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて」。そして、その中で象徴的に書かれているのが「三層の構え」である。 5. ITセキュリティ専業の日本企業、株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:米今政臣、JASDAQ:3042、以下セキュアヴェイル)は、本日10月22日、新型コロナウイルスへの対応が続く今年5月に総務省が公表した「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」を受け、当社が開発・販売するセキュリティ運用ソフトウェア『LogStare Collector』において、総務省が求める情報セキュリティ対策を可能とするログ収集・監視パッケージに初期診断などを盛り込んだ製品を自治体など公共機関向けにリリースいたしました。, 新型コロナウイルスに関連する補助金や助成金の制度設立に伴う自治体の業務量の増加によって、自治体における情報セキュリティ対策の見直しが加速しています。今年5月、総務省が「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」として具体的施策をとりまとめ、自治体の情報通信の利便性の向上とセキュリティ確保が強く求められるようになりました。また、総務省は、従来から自治体におけるインターネット接続端末について「通信パケットの監視、ふるまい検知等の府政通信機能の強化により、情報セキュリティインシデントの早期発見と対処およびLGWANへの不適切なアクセス等の監視等の情報セキュリティ対策を講じなければならない」とガイドラインを公表しており、ログ監視のニーズが高まっています。, セキュアヴェイルにも公共関係の事業者などから「自治体のシステム変更でサーバー監視が必要になった」などと複数の問い合わせがあり、製品を提供したところ「稼働監視とログ管理が両立できて効率的」や「Windowsサーバーが多い自治体における運用で役立っている」、「国産だから信頼性が高く安心して使えた」などの評価をいただきました。コロナ禍での業務量増加でセキュリティ対策の重要性が増していることに加え、自治体における情報セキュリティ対策については、従来使っていたLGWANという閉鎖されたネットワークからインターネット接続による開かれたネットワークへのシステムの配置置換が進んでいるという特徴がみられることから、環境の変化をサポートしようと、初期セットアップ診断をセットにした公共機関専用のパッケージをリリースすることを決定いたしました。, ファイアウォールをはじめとしたネットワーク機器やサーバーなど、企業のITインフラの稼働状況を可視化し、障害監視やログ分析を行なう統合運用管理ツール『LogStare Collector』が持つ、ログ収集・監視機能をパッケージ化した商品を導入した自治体などの公共機関に対し、導入から30日経過後のセットアップ状況の診断や設定のアドバイスをセキュアヴェイルの技術者が無償で実施いたします。パッケージ価格は1ライセンスあたり298,000円(税別)です。, セキュアヴェイルは今後もコロナ禍でのIT環境の急速な変化に対応し、市場のニーズを反映したセキュリティ運用製品およびサービスを提供することで、官公庁・自治体におけるサイバーセキュリティ水準の向上、社会課題の解決に貢献して参ります。, 2001年設立。創業以来ネットワークセキュリティに特化して、コンサルティング、設計、構築、運用、監視などのサービスからログ分析システムやネットワーク運用監視システムの開発、提要、保守に至るまで、企業や組織の情報システムの運用をサポート。24時間365日セキュリティシステムの運用を監視するマネージメントサービス「NetStare」、ログ分析管理分析ソフトウェアの「LogStare」のブランドのもと、累計4000社以上にサービスを導入。システムセキュリティを確保し、事業運営を安心して継続させるために、「安全」で「役立つ」サービスを提供します。, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, システム開発や製品・サービスの提案を無料でまとめて受けられる「Active一括提案依頼サービス」.

地方公共団体における情報セキュリティポリシーについては、その策定や見直しを行う 際の参考として、総務省において、「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関 するガイドライン(平成30年9月版)」(以下「自治体ガイドライン」と言う。

20日) ・自治体情報セキュリティ対策の見直しについて(素案) 第: 6回 (令和2年. 2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策見直しのポイント」が発表されました。政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」を受けたクラウド化、テレワーク・在宅勤務のような柔軟な働き方に合わせ、改めて情報セキュリティ対策の見直しが必要とされています。

また明日 歌詞 Novelbright 24, 機動捜査隊 235 キャスト 11, 杏 仲良し 芸能人 5, スーパーシンプルソング 日本語 歌手 誰 4, 頭 鳥肌 スピリチュアル 51, アテックス シェイプ アップ ボード 口コミ 19, Pubg ツ 名前 17, ウイイレ 神データ レジェンド 5, ドラクエ10 5ch 晒し 8, 杉咲花 平野紫耀 熱愛 4, ネパール ドルポ 湖 5, メッセンジャー 何分前にオンライン 意味 20, 矢地 祐介 ジークンドー 4, フォレスター 馬力 Na 4, カバード プット 損益図 11, Pubg ダブルバレル 強い 21, グラゼニ 東京ドーム編 無料 11, ナイモン 5ch 172 16, アニア 廃盤 商品 7, ヴェル ファイア ノッキング 5, この ユーザーは現在 メッセンジャーを利用 できません ブ�% 11, ペルソナ5 Bgm 歌詞 4, テニスの王子様 動画 Kissanime 26, 有吉 ドラクエウォーク 名前 17, 千野志麻 夫 癌 19, 崖の上のポニョ 都市伝説 333 38, 漬け さば 青森 7, ダーウィンが来た 猫 シャーム 4, 仙台育英 陸上 女子 天才 27, ヤミカラス 色違い 確率 7, 乃木坂46 壁紙 Twitter 6, 吉沢亮 Dior アンバサダー 58, 今夜くらべてみました お笑い 動画 51, " />
简体中文EnglishBahasa Indonesia日本語한국어ພາສາລາວBahasa MelayuไทยTiếng Việt

IoT・5Gセキュリティ総合対策(総務省) 地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(総務省) 自治体情報セキュリティ対策の見直しについて(総務省) サイバー攻撃(標的型攻撃)対策防御モデルの解説(総務省) ・ワーキンググループでの検討状況について ・新たな自治体情報セキュリティ対策について: 第5回 ※ 書面開催 (令和2年4月.

2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策見直しのポイント」が発表されました。政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」を受けたクラウド化、テレワーク・在宅勤務のような柔軟な働き方に合わせ、改めて情報セキュリティ対策の見直しが必要とされています。 月15日) 検討会において、自治体情報セキュリティ対策の見直しに係る具体的施策をとりまとめ 総務省に対して、次期自治体情報セキュリティクラウドの在り方についての自治体への助言や「地方公

今年5月、総務省が「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」として具体的施策をとりまとめ、自治体の情報通信の利便性の向上とセキュリティ確保が強く求められるようになりました。 var Ease={easeInOut:e=>e<.5?4*e*e*e:(e-1)*(2*e-2)*(2*e-2)+1},duration=500;window.addEventListener("DOMContentLoaded",()=>{document.querySelectorAll('a[href^="#"]').forEach(function(e){e.addEventListener("click",function(t){var n=e.getAttribute("href"),o=document.documentElement.scrollTop||document.body.scrollTop,r=document.getElementById(n.replace("#",""));if(r){t.preventDefault(),t.stopPropagation();var a=window.pageYOffset+r.getBoundingClientRect().top-90,i=performance.now(),d=function(e){var t=(e-i)/duration;t<1? 総務省は、「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」(平成27年の日本年金 機構における個人情報流出事案を受けて総務省が開催)の報告1を踏まえ、平成 27年12月25日付け総務大臣通知「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本

Copyright © 2020 ICT未来図. (window.scrollTo(0,o+(a-o)*Ease.easeInOut(t)),requestAnimationFrame(d)):window.scrollTo(0,a)};requestAnimationFrame(d)}})})}); 2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策見直しのポイント」が発表されました。政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」を受けたクラウド化、テレワーク・在宅勤務のような柔軟な働き方に合わせ、改めて情報セキュリティ対策の見直しが必要とされています。この特設ページでは、総務省の掲げる情報セキュリティ対策に関する見直しポイントの解説と、対策に役立つシーイーシーのソリューションをご紹介します。, 三層のネットワークについて総務省は、「マイナンバー利用事務系のネットワークは住民情報の流出を徹底して防止する観点から、他の領域との分離は維持する」とし、eLTAX、マイナポータルを活用した「ぴったりサービス」など、十分なセキュリティが国に認められている特定通信のみオンライン化に対応していく方針を示しました。, さらにLGWAN接続系とインターネット接続系については、クラウド・バイ・デフォルト原則によるクラウド化や、テレワーク・在宅勤務などの柔軟な働き方に対応した、新たなモデルとして効率性・利便性の高い「βモデル」を提示しています。, では「βモデル」とはどのようなモデルなのでしょうか。現在のモデルと比較しながら変更のポイントを見ていきましょう。まず現在のモデルではLGWAN接続系とインターネット接続系が分離されており、PC端末はそれぞれのネットワークごとに設置するか、もしくはLGWAN接続系のPCとインターネット接続系のPC端末を共用にし、インターネット接続時にはシンクライアントを利用しています。, 「βモデル」では、業務端末の一部をインターネット接続系に移行するとともに、業務システムの一部もインターネット接続系に移行します。この配置転換により、パブリッククラウドの活用による業務効率アップやインターネット経由でのテレワークが実現可能となります。働き方改革や、BCP対策が求められる昨今、βモデルへの移行は重要なポイントになります。, 総務省は、現在の自治体情報セキュリティクラウドのセキュリティレベルの差を指摘しており、国が提示する要件をクリアしてセキュリティレベルの水準を確保をすることを求めています。さらにクラウドサービスの開発・提供には民間ベンダーの協力を得て、コストを抑制することも推奨されています。, またサイバー攻撃の増加や新たな脅威への対策として、セキュリティ専門人材による監視機能( SOC )を強化すること、災害時等のアクセス集中を想定した負荷分散機能( CDN )を 追加することなども機能要件に追加しています。, 物理サーバー・仮想サーバー・クラウドの包括的セキュリティ対策として、ウィルス対策や改ざん検知、仮想パッチ(IPS)WAF/ログ管理などのご利用が可能です。, より高いセキュリティ対策が必要とされる、マイナンバー利用事務系のネットワークでも、SecurePrint!による認証印刷の 仕組みで紙媒体によるセキュリティ事故を防止。納付書などの重要書類の取り違えを防ぐことができます。, SecurePrint!はシンクライアントにも対応。シンクライアント環境で煩雑になりがちなプリンタードライバーの管理もSecurePrint!ドライバーのみですむため、大幅な管理コスト削減に。(※構成により適用できない場合があります。), ネットワーク強靭化で導入必須の二要素認証ソリューション「PCログオン」をSecurePrint!と併せて導入すれば、PCのセキュリティも同時に高めることが可能です。, MultiScan!はBoxなどのクラウドストレージとの連携が可能なため、スキャンしたデータを直接クラウドストレージ上 に入れることができます。紙文書のスムーズな電子化を実現し、BCP対策やテレワーク時の情報共有に役立ちます。, LGWAN・インターネット接続系のPC共用をセキュアに実現する、シンクライアントの環境を構築します。, 24時間365日ベースで、お客様のセキュリティ対策を支援。課題になりがちな「セキュリティ対策のための人材不足」、 「セキュリティ製品別のバラバラな運用管理」などを解消します。, DDEI(Deep Discovery Email Inspector)はランサムウェア侵入の主な経路であるメールのセキュリティ対策として、 ランサムウェアを検出し、ブロックします。, 未知の脅威にも対応可能なクラウド管理のエンドポイントセキュリティ製品です。クラウド上で一元管理することが可能なため物理的な管理サーバーを用意する必要がありません。管理が行き届きにくいテレワーク環境でも管理者の負担を掛けずに高度なセキュリティ対策を実現することが可能です。, 自治体情報セキュリティクラウドとインターネット端末間の通信を可視化し、不正アクセスなどのサイバー脅威から大事な機密情報を守ります。また、仮想専用線(VPN)も構成可能なので、テレワーク環境からでもセキュアなアクセスが可能です。, 全国約5万店舗のコンビニから、簡単に資料を印刷できるコンビニプリントのサービスです。後払い精算のため、ユーザーがコンビニでコインチャージをする必要がありません。また誰が・いつ・何を・どこで印刷したかがログで確認できるためセキュリティ面も安心で、テレワーク時の印刷に最適です。, 話題のICT関連の情報をお届けします。今すぐ役立つ情報から、少し未来の話まで、ICT技術の「いま」と「先」を見てみましょう。. そのルールの基本となる提言が、2015 年11月に総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームが提示した資料「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて」。そして、その中で象徴的に書かれているのが「三層の構え」である。 5. ITセキュリティ専業の日本企業、株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:米今政臣、JASDAQ:3042、以下セキュアヴェイル)は、本日10月22日、新型コロナウイルスへの対応が続く今年5月に総務省が公表した「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」を受け、当社が開発・販売するセキュリティ運用ソフトウェア『LogStare Collector』において、総務省が求める情報セキュリティ対策を可能とするログ収集・監視パッケージに初期診断などを盛り込んだ製品を自治体など公共機関向けにリリースいたしました。, 新型コロナウイルスに関連する補助金や助成金の制度設立に伴う自治体の業務量の増加によって、自治体における情報セキュリティ対策の見直しが加速しています。今年5月、総務省が「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」として具体的施策をとりまとめ、自治体の情報通信の利便性の向上とセキュリティ確保が強く求められるようになりました。また、総務省は、従来から自治体におけるインターネット接続端末について「通信パケットの監視、ふるまい検知等の府政通信機能の強化により、情報セキュリティインシデントの早期発見と対処およびLGWANへの不適切なアクセス等の監視等の情報セキュリティ対策を講じなければならない」とガイドラインを公表しており、ログ監視のニーズが高まっています。, セキュアヴェイルにも公共関係の事業者などから「自治体のシステム変更でサーバー監視が必要になった」などと複数の問い合わせがあり、製品を提供したところ「稼働監視とログ管理が両立できて効率的」や「Windowsサーバーが多い自治体における運用で役立っている」、「国産だから信頼性が高く安心して使えた」などの評価をいただきました。コロナ禍での業務量増加でセキュリティ対策の重要性が増していることに加え、自治体における情報セキュリティ対策については、従来使っていたLGWANという閉鎖されたネットワークからインターネット接続による開かれたネットワークへのシステムの配置置換が進んでいるという特徴がみられることから、環境の変化をサポートしようと、初期セットアップ診断をセットにした公共機関専用のパッケージをリリースすることを決定いたしました。, ファイアウォールをはじめとしたネットワーク機器やサーバーなど、企業のITインフラの稼働状況を可視化し、障害監視やログ分析を行なう統合運用管理ツール『LogStare Collector』が持つ、ログ収集・監視機能をパッケージ化した商品を導入した自治体などの公共機関に対し、導入から30日経過後のセットアップ状況の診断や設定のアドバイスをセキュアヴェイルの技術者が無償で実施いたします。パッケージ価格は1ライセンスあたり298,000円(税別)です。, セキュアヴェイルは今後もコロナ禍でのIT環境の急速な変化に対応し、市場のニーズを反映したセキュリティ運用製品およびサービスを提供することで、官公庁・自治体におけるサイバーセキュリティ水準の向上、社会課題の解決に貢献して参ります。, 2001年設立。創業以来ネットワークセキュリティに特化して、コンサルティング、設計、構築、運用、監視などのサービスからログ分析システムやネットワーク運用監視システムの開発、提要、保守に至るまで、企業や組織の情報システムの運用をサポート。24時間365日セキュリティシステムの運用を監視するマネージメントサービス「NetStare」、ログ分析管理分析ソフトウェアの「LogStare」のブランドのもと、累計4000社以上にサービスを導入。システムセキュリティを確保し、事業運営を安心して継続させるために、「安全」で「役立つ」サービスを提供します。, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, システム開発や製品・サービスの提案を無料でまとめて受けられる「Active一括提案依頼サービス」.

地方公共団体における情報セキュリティポリシーについては、その策定や見直しを行う 際の参考として、総務省において、「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関 するガイドライン(平成30年9月版)」(以下「自治体ガイドライン」と言う。

20日) ・自治体情報セキュリティ対策の見直しについて(素案) 第: 6回 (令和2年. 2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策見直しのポイント」が発表されました。政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」を受けたクラウド化、テレワーク・在宅勤務のような柔軟な働き方に合わせ、改めて情報セキュリティ対策の見直しが必要とされています。

また明日 歌詞 Novelbright 24, 機動捜査隊 235 キャスト 11, 杏 仲良し 芸能人 5, スーパーシンプルソング 日本語 歌手 誰 4, 頭 鳥肌 スピリチュアル 51, アテックス シェイプ アップ ボード 口コミ 19, Pubg ツ 名前 17, ウイイレ 神データ レジェンド 5, ドラクエ10 5ch 晒し 8, 杉咲花 平野紫耀 熱愛 4, ネパール ドルポ 湖 5, メッセンジャー 何分前にオンライン 意味 20, 矢地 祐介 ジークンドー 4, フォレスター 馬力 Na 4, カバード プット 損益図 11, Pubg ダブルバレル 強い 21, グラゼニ 東京ドーム編 無料 11, ナイモン 5ch 172 16, アニア 廃盤 商品 7, ヴェル ファイア ノッキング 5, この ユーザーは現在 メッセンジャーを利用 できません ブ�% 11, ペルソナ5 Bgm 歌詞 4, テニスの王子様 動画 Kissanime 26, 有吉 ドラクエウォーク 名前 17, 千野志麻 夫 癌 19, 崖の上のポニョ 都市伝説 333 38, 漬け さば 青森 7, ダーウィンが来た 猫 シャーム 4, 仙台育英 陸上 女子 天才 27, ヤミカラス 色違い 確率 7, 乃木坂46 壁紙 Twitter 6, 吉沢亮 Dior アンバサダー 58, 今夜くらべてみました お笑い 動画 51,